09:ST-07「Side Trigger」

作者:丸山 知文

ST-07「Side Trigger」

ST-07「Side Trigger」は名前の示す通りトリガーが銃のサイドにレイアウトされた銃で、CP(コインペンドラム)競技専用銃として作成しました。
こちら側からみるとトリガーがないように見えます。

電動工具を使わず手動工具のみで制作しており、小さめの木材を貼り合わせて構成し、切る部分をなるべく少なくできるように工夫しています。
サイドトリガーを採用したのも、「トリガーやトリガーガードは工作が難しそう」というところから始まっています。

サイドパネル方式(私が勝手に命名)のデザインは、大会でいつも高得点を出しているヒデヲさんのCB-03を参考にさせていただきました。
サイドパネルは交換することができ、厚みを変えることによりゴムの横回転のかかり方を調整することができます。

発射機構は極めてシンプル、なんか使ってる木材少ない、工作単純。そんな銃でも競技で充分戦える銃を目指して設計し、CP競技においてとても信頼できる相棒となっています。
「このくらいなら自分でも作れそう」と自作銃を作って競技に参加するする人が増えたら幸いです。

反対側

トリガーはこちら側についています。反対側とは全く異なるデザインです。


トリガー構造

シンプルなサイドトリガーの機構により、コンパクトにドットサイトをセットできます。


構え

グリップには鉛が入っておりドットサイトとのバランスをとっています。


ゴム掛け

サイドパネル方式により、ゴムを2回曲げることで安定したフリスビー飛行を実現しました。



全長 175mm
全高 136mm(ドットサイト含む)
全幅 37mm
銃身長 147mm(ゴム実長:154mm)
重量 260g(ドットサイト含む)
適合装弾 16番
装弾数 1発
発射方式 瞬間解放
素材 アガチス、マホガニー、真鍮
仕上げ 蜜ろう